099-269-7498

メールでのお問い合わせはこちら

施術内容・流れ

鍼灸・気功・整体術について

当院では、鍼灸・気功・整体術を融合した施術をしております。それぞれの内容をご案内いたします。

鍼灸

鍼灸治療とは、東洋医学的に言うならば、鍼やお灸を使って、人体の経絡に流れる気の滞りを取り去り、或いは気の消耗を補い、それによって気血の流れを正常な状態に戻し、免疫力を高め、健康を回復させようとするものであります。 鍼という金属の刺激で治すものではなく、あくまで鍼灸師によるツボの選択と鍼を通じての鍼灸師からの気の放出と意念の操作により病態を正常に導くものです。

気功

気功という言葉は、1953年に中国で最初の気功の専門機関である「唐山気功療養所」が出来た時に、その指導者であった劉貴珍氏が、それまでの様々な練功法を総称して「気功」と名付けたのが最初です。しかし、その中身自体は非常に古いもので、自分で意識して体内に取り込んだ気を運行させて病気を予防、治療したり、様々な能力を発揮する方法で、導引、運気、行気、吐納、坐忘、内丹などと言われてきました。気功家が行う気功治療とは、主に手から患者に気を放射して免疫力を高め、病気を治療するものであるが、当院では指先あるいは指先に持った、てい鍼という刺さない鍼から、特定のツボに気を放射し、気血の調整をし、体の歪みを整え、痛みを瞬時に取り去る方法を採用しています。

整体術

当院が行う整体術とは、気功治療と融合した独特なもので、気功治療により大体の体の歪みを整え、更に鍼治療で体の硬結を緩めてから行うので、非常にソフトで痛みを伴わないものです。主に頸椎や頭蓋骨、仙腸関節の微調整を行います。

治療料金

施術料金

一般治療費 4000円(税込)
大学生 3,500円(税込)
高校生 3,000円(税込)
中学生 2,500円(税込)
小学生以下 2,000円(税込)

上記の料金は、はり、きゅう、気功、整体術その他すべての施術料金を含むものです

一般用施術回数券(6回分) 20,000円

指鍼(ゆびばり)による頭蓋骨調整と美顔効果

当院では、まず入念な診断の後、施術者の指先や、皮膚には刺さない「てい鍼」により、足先から頭部や手先に向かい、あるいは手先から足先に向かって気を流し、生体の気血の足りない部分には気を補充し、気血が停滞しお血となった部分には真気による推進力でそのお血を散らし、正常な気血の流れを回復させ、痛みや硬結を取り除き、自律神経を調整し、免疫力を改善させることを主眼においた治療をしております。
最近はそれに加え、頭蓋骨の縫合のズレに対し何カ所か同時に指先を当て、気を流すことにより縫合のズレを調整し、脳内の血流や脳脊髄液の流れを正常に復す施術も行っております。この施術により、脳の緊張を緩め、頭痛や不眠症、眼や耳の異常に対処することが容易にできるようになりました。これは指鍼(ゆびばり)による、脳に対する直接的な外気功法であるとも言えます。

近年、パソコンやスマホにより、眼を酷使している人が増加し、脳や眼の慢性疲労から頭痛や睡眠障害、精神不安などの症状を訴える患者さんが多くなってきております。このような症状に対しては、直接頭蓋骨に指先を当て、脳内に施術者の肯定的なイメージと新鮮な気を送り込むことにより、ほとんどの患者さんが、数分で頭の緊張が緩み、呼吸が深くなり、ゆったりとした気持ちになってきます。中には完全に寝てしまう患者さんもおります。また、頭蓋骨の歪みが、頸椎の歪みと連動している場合が多いので、頭蓋骨の歪みを整えると頸椎の歪みも一緒に改善される事を確認しております。また、副産物として顔の歪み、特に頬骨の高さや顎の先端の歪みも改善されるので、フェイスラインもすっきりし、美顔効果も期待できます。私の頭蓋骨の調整法は、一部の治療家が行っているような機械的、物理的な力で頭蓋骨の縫合を締めているわけではないので、脳圧の急激な上昇や頭痛などの副作用が出ることはありません。美顔術としても、大変効果が大きいと思っていますが、それを目的としているのではなく、あくまで心身共に健康な状態を作って行く過程での副産物であるので、美顔術としての特別料金をいただくようなことはありません。
ただし、顔の歪みや小顔術に対してのご相談は承ります。小顔にあこがれる女性は多いようですが、腎臓や心臓機能の低下による顔のむくみや、胃腸障害による全身の水分代謝機能の低下が原因で顔がすっきりしないという場合も多いので、やはり健康な体を作って行くことが、美顔治療の根本となります。

体型の歪みは内界の不調和の反映

Process01

受験前の緊張と運動不足で、肩こりと腰痛を訴えて来院した高3の女子。手足の冷えも顕著で顔の浮腫(むくみ)も気になった。体が左に大きく傾いている。

Process02

ほとんど鍼を使わずに、空中鍼による気の調整の後、遠赤外線による温補と気功整体術にて、体の歪みと肩こり、腰痛も大幅に改善した。

Process03

2週間後に2回目の治療を同様に行う。体の歪みは更に改善し、肩こり、腰痛も緩解する。治療後は、明らかに顔の浮腫(むくみ)も改善して、フェイスラインもすっきりと引き締まった。

腰痛と五十肩が当院の治療で完治してから、月に2回ほど定期的に来院されている患者さんです。疲れが溜まると、肩こりがキツくなり、姿勢も悪くなって来ます。

空中鍼による気の調整の後、うつ伏せで置鍼20分の後に軽い整体術で整えた。前傾姿勢が改善されて、70歳を過ぎた女性とは思えない若々しい体型となった。

5年前に突発性難聴を患い、以来ずっと右の耳鳴りとつまり感、そして不快感が続いている。頭部が右に傾き、顎の先端もかなり左に歪み、アゴの噛み合わせも悪い。仕事で毎日パソコンの画面を見ている。(初回の治療前)

足先からの空中鍼と頭蓋気功により、首の傾きが改善され、アゴの先端も大分まっすぐになった。3回の治療で耳鳴りが気にならなくなり、耳のつまり感と気分の悪さも大幅に改善された。

平成29年11月25日 初診 85歳 男性

数年前から腰痛気味で、整形外科で、「腰部脊柱管狭窄症」と診断されていたが、昨日、畑で堆肥作りの作業をしてから、腰部全体と臀部にかけての痛みと右肩 の強い痛みで、平素から前傾気味の腰が更に曲がり、真っ直ぐに伸びない。

1回目の治療直後

老年で腰部前傾が顕著な患者さんには、頸部と下腹部を緩める為に気功術で奇経調整を入念に行い、腰背部に置鍼した後、遠赤外線でしっかり温補する。骨を直接動かすような整体治療は行わない。治療後は、肩の痛みもほとんど なくなり腰も自然に伸ばせるようになった。

12月22日 5回目の治療の後

先週から、畑仕事をしても痛みがなくなる。脊柱管狭窄そのものは根治している訳ではないが、体形が変わり狭窄部への傾斜圧が改善したと考えられる。

平成30年7月31日 初診 78歳 女性

27年前に胃、十二指腸、胆嚢等を摘出手術をして以来、背中が側方に曲がり、しかも前屈して腰が伸び切らない。一年前から、左腰から臀部にかけて痛みが強まり、左足先が痺れ、両足先が冷える。歩行時、上体が右に傾き、真っ直ぐ歩けない。他の鍼灸院で治療するも変わらず、当院に通院中の親戚の紹介で来院する。

治療後は、前傾姿勢が大分改善されるも 上体の右への傾きはあまり変わらず、相当期間の継続治療が必要と判断したが、当人も納得したので、当面週2回の治療を続けることにした。

9月13日、13回目の治療後、この頃から、治療後の歪みのおおきな改善がみられるようになり。歩行時の痛みも相当に改善が見られたが今後も継続的に治療を続けて行くことになった。

体型の歪みは内界の不調和の反映

『ダイエットと治療の関係』

最初から、ダイエットを目的として来院される患者さんは少ないが、治療がひと段落すると、鍼や整体術で痩せませんかと尋ねてくる女性は少なくない。その多くが、自分は特別な努力はせずに鍼や整体術をしただけで痩せますか?という希望であるが、その場合には、大抵お断りしている。
私は、耳鍼痩身法も学び、かつてしていたこともあるが、それだけでは痩せないということは、この業界でも常識となっている。かつて一世を風靡した耳鍼痩身法も、それだけではあまり効果が出ずに、一緒にサプリメントを販売している治療院も多い。 当院では、特に耳鍼などしなくとも、体の代謝機能を高めることで、3ヶ月で11キロ痩せて持病の動悸、息切れが劇的に改善した70歳代のおばあちゃんもいるし、長年の喘息が3年の治療で改善し、ステロイドをはじめ全ての薬や吸入剤を止めることが出来、結果的に68キロあった体重が、喘息発病前の55キロに痩せた女性もいるが、これらの人たちは長年の病気や服薬によって病的に太っていたわけであり、ほぼ健康で食欲があり、運動もあまりしない中年の女性が痩せたいと願う場合とは状況が異なる。このような、人たちは痩せるために過食や間食を心底から止める決意があるかということにかかってきます。 最近、よく言われるように、ダイエットには運動1割、食事9割である。好きなお菓子を食べながら、ダイエットを希望する患者さんは、最初からお断りしています。しかし、今年、どうしても痩せたいという50歳代の女性の強い要望に押されて、ダイエットを主目的とする治療を行って、それなりの結果が出たので、以下に紹介します。

女性、約10年前、44歳の時に右膝痛及び右股関節痛にて来院。ほぼ完治し、しばらく休んでいたが、約2年前に、肩こり及び顔や足のむくみが気になり再診された。更年期を境に体がむくみ出し、体重も53キロから56キロに増加し、痩身を希望していたが、本年5月から痩身を主目的として、気功、整体術、鍼治療を融合して行っていくことにしたが、更年期を過ぎてからの減量は、覚悟を決めてやらないと難しいということを伝えて、月に3回ほどのペースで行ったが、3,4ヶ月は体型的に締まってはきたが体重の変化についてはあまり効果が出ずにいた、9月頃からやっと体重が落ちはじめ、11月になり、更年期前の体重に戻り、体型的にはウエストも約7センチ細くなり、むくみも全くなくなり、更年期前よりもむしろ若返った印象である。健康的に痩せて、リバウンドしないようにすることは難しいので、今後もダイエットを標榜して治療することはせずに、健康な体作りを目標として治療を続けてゆきたいと思います

平成30年5月

年齢 56歳
身長 156・5センチ
体重 56・5キロ
体脂肪率 35・2
ウエスト 79・0センチ
ヒップ93・0センチ

平成30年度11月

体重 53・2キロ
体脂肪率 32・1%
ウエスト 71・5センチ
ヒップ 88・5センチ

『側湾症』の治療について

当院には、特に小児側湾症の患者さんは現在まで多く来院され、比較的良い結果を出しているので、最近の症例を紹介致します。

【中学1年生の女子】平成30年11月初診

小学6年生頃から肩甲骨のねじれが気になり出し、昨年整形外科にて側湾症と診断されるが、特に手当てはなく、様子を見ましょう、ということで終わったが、母親が心配になり身内の紹介で来院した。

第一回目の治療前
左肩が下がり、右肩甲骨がやや後方に突出している。
上部頸椎のねじれも見て取れる。

平成31年2月14日

第6回目の治療前でありながら、既に上体のねじれは大分改善されている。やや左肩前の歪みが残っているが、右肩甲骨の後方突出は大分目立たなくなっている。

第6回目の治療の後、上体のねじれは、ほぼ完全に矯正されている。正中線も頭から足まできれいに揃ってきた。これまで6回の治療は、すべて気功法と柔らかな整体術のみで、鍼は一本も刺してはいない。治療時間も15分ほどで、痛みは全く感じないので子供に恐怖感を与えることもない。今後、月に2回ペースで成長期が終わるまで治療を継続し、現在148センチの身長が最大限伸びるよう『長身術』としての整体術治療を継続して行くことになった。

村松鍼灸院
〒891-0141 
鹿児島県鹿児島市谷山中央3丁目4601番地1 
TEL/FAX:099-269-7498
【 診療時間 】
[月~金]
8:00~12:00 
14:00~18:00 
[水]
8:00~12:00 
[土]
8:00~12:00
※休診日:日曜・祝祭日・水曜/土曜の午後
※治療を希望される方は、必ず電話予約をしてからご来院ください。

PAGETOP